【登城記】七尾城(日本100名城 No.34) – 其ノ弐

さて、能登の日本100名城である七尾城への登城記。
嵐のスタートを切った「其ノ壱」から、今度は室内へと入っていきます。

七尾城史資料館

七尾城史資料館

七尾城史資料館前から。
左手は日本最小とされる茶室。

七尾城史資料館の入場料は大人200円。
なお、隣に併設されている「懐古館」にも入るとなると400円になります。
まぁついでなので両方共観ることにします。

七尾城本丸の写真

七尾城本丸の写真

資料館は主に七尾城に関する資料が豊富でした。
ちなみに今日は台風なので本丸へ登るのは無理だろう!
という判断から本丸はこうですよ的な資料にするためにこの写真を撮った・・・(笑)

七尾城史資料館内

七尾城史資料館内

ちなみにお城の縄張り図(予想)はこんな感じらしい。
七尾城は「日本五大山城」のひとつとされているので・・・山の上です。

七尾城史資料館は二階建ての建物。
そこから離れた場所にあるのが・・・

懐古館

懐古館

懐古館です。
190年ほど前の庄屋の住居であり、飯田家の住まいでした。

飯田家

飯田家

心なしか雨もやんできたような・・・

碑

隅に、何か詩の碑がありました。

飯田家入口

飯田家入口

他にお客さん居ないだろう?
って入っていったらいらっしゃいました(笑)

飯田家内

飯田家内

190年ほど前の建物ということで・・・やはり中は味があります。

中ではひとり、案内役のおじいさんがいらっしゃいまして、
「よろしければご説明をさせていただきます」
とのことで、お願いしました。

籠?

籠?

ちなみに入口には当時の籠でしょうか?ディスプレイされていました。
相方さんがやっていますが、懐中電灯で中を照らせるようです。

囲炉裏

囲炉裏

入ってすぐに囲炉裏が。
ここには訪れた人の記録ノートなども置かれていました。

紙で細工された家紋

紙で細工された家紋

曳山(でか山)の模型とか

曳山(でか山)の模型とか

こちらの部屋の奥には、七尾市で行われる祭りに使われる曳山(でか山)が飾られていました。

毎年5月に行われる、このでか山が出るお祭りは
国の重要無形民俗文化財
に指定されているそうです。

広い飯田家

広い飯田家

それにしても飯田家は広いです。

仏間

仏間

仏間もありました。
広すぎて紹介しきれ無いので、ひとまず「其ノ弐」はここまで。

【七尾城登城記】

  1. 【登城記】七尾城(日本100名城 No.34) – 其ノ壱
  2. 【登城記】七尾城(日本100名城 No.34) – 其ノ弐
  3. 【登城記】七尾城(日本100名城 No.34) – 其ノ参
  4. 【登城記】七尾城(日本100名城 No.34) – 其ノ四
  5. 【登城記】七尾城(日本100名城 No.34) – 其ノ五
  6. 【観光スポット】能登食祭市場 – 七尾城周辺寄り道スポット
  7. 【お城グルメ】和食レストラン加賀屋 – 七尾城周辺寄り道スポット
  8. 【登城記】小丸山城 – 七尾城周辺寄り道スポット
  9. 【お宿】和倉温泉 渡月庵 – 七尾城周辺寄り道スポット
  10. 【観光スポット】和倉温泉 – 七尾城周辺寄り道スポット
  11. 【お城グルメ】菓子工房 シャールベルベ – 七尾城周辺グルメスポット
  12. 【観光スポット】輪島朝市 – 七尾城周辺寄り道スポット
  13. 【観光スポット】輪島工房長屋 – 七尾城周辺寄り道スポット
  14. 【観光スポット】奥能登 – 七尾城周辺寄り道スポット

【七尾城についてはこちら】
日本100名城 No.34 【石川県七尾市】七尾城


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 石川県のお城   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">