湯築城 – 2008.07.24登城 -

松山城を後にし、次に目指すは湯築城。

ここも歩いていきました。

暑さで休憩しつつ、しつつの1時間ぐらいでした・・・到着したのは14時。

まだまだ暑い時間帯です。

湯築城
からめて門前の看板

入口すぐ横にはお堀が。

これは外堀となっています。

この先に行くと道後温泉があります。

湯築城
外堀

城内の入場は無料。というより普通に道後公園となっています。

暑かったのですぐに日本100名城スタンプのある湯築城資料館へ逃げ込みました(笑)

湯築資料館では係員の方にいろいろ親切に教えてもらえました。

暑さをしのぐため、汗が引くまでと湯築城の歴史の映像を見せてもらったりしました。

湯築城の基礎が出来たのは南北朝時代とされています。

しかし、外堀などをめぐらし、堅固な城へとなったのは戦国期の河野弾正小弼通直の時代とされています。

湯築城
武家屋敷1

さて、まずは最近になって復元された武家屋敷を訪ねます。

映像で見せて頂いたのですが、この武家屋敷は昔の建築方法で復元されたそうです。

湯築城
武家屋敷1

こういう昔ながらの建築方法をすることが出来る職人さんは少なくなっていると聞きます。

伝統が息づいたこういった復元技術は是非残してほしいものです。

湯築城
武家屋敷内

中では「ある日の武家屋敷」の光景が。

湯築城
武家屋敷内

 

湯築城
武家屋敷1 外観

武家屋敷は復元ですが、城内に残っている内堀、外堀、土塁は遺構として残っています。

しかしながらここ道後公園は昔、動物園だったそうです。

中には遊具があったりして少しその面影も垣間見えます。

湯築城
内堀土塁

湯築城内にもスタンプラリーが存在していました。

4箇所のスタンプを集めて湯築城資料館に持っていくと景品がもらえます。

湯築城
スタンプラリー

とは言っても、話こんでて仲良くなったせいかスタンプ集める前に京浜をいただけました(笑)

景品は湯築城のペーパークラフトでした。武家屋敷やからめて門の再現ペーパークラフトです。

湯築城
武家屋敷2

湯築城跡には二つの武家屋敷が再現されています。

こちらは二つ目の武家屋敷。

こちらには城跡で掘り起こされたものが資料として展示されていました。

湯築城
内堀

そしてこちらは内堀。

埋まっているように見えますが、なにか植物が水の上に浮いているのです。

湯築城
内堀
湯築城
庭園

中にあった庭園復元場所。夜にはライトアップもされるそうです。

道後公園の主に南側が復元箇所となっているようでした。

湯築城

南の復元部分を抜けるとグランドや遊具広場がありました。

そこから本丸部分であったであろう場所へのぼる階段が。

こちらを進むと今は丘陵広場や展望台があるそうです。

子供の声が聞こえてました。

湯築城

さて、北へ進みます。こちらへ向かうと道後温泉の方へ出ます。

湯築城
湯釜薬師

すると見えてくるのがこの石造湯釜。

通称「湯釜薬師」を呼ばれ、県の指定文化財になっています。

湯築城
湯釜薬師

【お城情報】

入場料
無料

開城時間
9:00~17:00 (湯築城資料館)

休館日
毎週月曜日(休日の時は翌日) 12月29日~1月3日

所在地
愛媛県松山市道後公園

電話番号
089-941-1480

公式ホームページ

道後公園
【日本100名城スタンプ】

湯築城 日本100名城スタンプ
設置場所:湯築城資料館

【入場券(しおり)】

湯築城 パンフレット

【’08 夏のお城ひとり旅 3日目】


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 愛媛県のお城   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">