【登城記】江戸城(日本100名城 No.21) [2回目] – 其ノ弐

さて、2010年江戸城登城記の其の弐は休憩所からいよいよ古い建物の残るエリアへ。
このあたりからは江戸城の二の丸になってきます。

東御苑内

東御苑内

さて、休憩所からスタートしてすぐに右側に建物が見えてきます。

木造の古そうな建物

木造の古そうな建物

木造の古そうな建物がぽつんと。
説明書きがありました。

同心番所

同心番所

どうやらここは同心番所だったようです。
3つの番所が残っているのですが、奥の番所ほど位の高い役人が詰めていたようです。
ちなみにここはイチバン手前にあるので位は高くない役人が詰めていた事になります。

同心番所

同心番所

ちなみにこの番所は現存遺構。
宮内庁管理のため、重要文化財にはされていないとか。

同心番所から奥へ

同心番所から奥へ

さて、さらに奥へと進みましょう。

門跡?

門跡?

なにやら櫓門があったような場所を抜けていくと・・・

広い場所へ出た

広い場所へ出た

さて、広い場所に出ました。
まだこのあたりは江戸城の二の丸部分です。

またもや番所

またもや番所

左側にはまたもや建物。
番所っぽいです。

百人番所説明

百人番所説明

この番所は百人番所というそうです。
常に同心が100人配備されていたからこの名がついたみたいですね。

百人番所

百人番所

百人番所も現存遺構。
中でもこの百人番所は南北の長さが50メートルもあるもので、
これだけの番所は江戸城にしか残っていないそうです。

百人番所を別角度から

百人番所を別角度から

確かに長い。

分岐その1

分岐その1

さて、ここからは分岐。
右側へ進むと「白鳥濠」へと進みます。

中の門

中之門

しかし、左側の「中之門」の方へ進むことに。
こちらの奥には現存の三重櫓もあるからです。

中の門について

中之門について

ちなみに中之門についての説明がありました。

中の門について

中の門について

どうやら中之門跡は復元されたもののようです。
石垣のどの石が古いのか?などが説明されていたり。

現存していた当時の中の門

現存していた当時の中の門

明治4年頃にはこんな立派な門だったようです。

中の門跡

中の門跡

そんなわけで中之門を進んでいきます。
進んでいくとまたもや右手に建物が見えてきます。

大番所

大番所

またもや番所。
江戸城内に残る3つの番所の最後、「大番所」です。

大番所説明

大番所説明

二の丸と本丸を繋ぐ場所なので、重要なポジションだったのでしょうね。

さらに奥へと

さらに奥へと

さて、この坂を登っていくと、いよいよ江戸城の本丸になります。

この続きは「其ノ参」にて。

【江戸城登城記】

  1. 【登城記】江戸城(日本100名城 No.21) [2回目] – 其ノ壱
  2. 【登城記】江戸城(日本100名城 No.21) [2回目] – 其ノ弐
  3. 【登城記】江戸城(日本100名城 No.21) [2回目] – 其ノ参
  4. 【登城記】江戸城(日本100名城 No.21) [2回目] – 其ノ四
  5. 【登城記】江戸城(日本100名城 No.21) [2回目] – 其ノ五

【江戸城周辺スポット】

【江戸城についてはこちら】
日本100名城 No.21 【東京都千代田区】江戸城


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 東京都のお城   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">