【番外編】ドイツのぶらりお城旅「ノイシュバンシュタイン城(1)」

前回、ホーエンシュバンガウ城を観に行きましたが、
いよいよ今回はノイシュバンシュタイン城へと向かいます。

バス停

バス停

先ほどホーエンシュバンガウ城に登ったところの近くにノイシュバンシュタイン城行きのバス停がありました。

現地のパンフレット

現地のパンフレット

こちらはチケットと共にいただいたパンフレットです。
中央辺りの緑色の丸の「H」のあたりから左方面への黄色いルートがバスのルートとなります。

バスの料金表

バスの料金表

バス停・・・というよりはアトラクションの入口みたいな感じでみんなが並んでいるのでバス停はわかりやすいです。
入場料のようにお金を払って並びます。

往復チケット

往復チケット

そんなわけで往復のチケットを購入してみました。
登りは1.8ユーロ、下りは1ユーロ。
往復で買うと2.6ユーロとなって割引になります。

バス到着

バス到着

ちなみに時間の余裕がある場合には、行きはバスで行って帰りは馬車で降りるという方法がお勧めだと、どこかのガイドブックに書かれていました。
バスと馬車ではルートが違うからだと思います。

バス内

バス内

バスは比較的短時間に何度か来るのですが、余裕を持って出発することをオススメします。
ここらへんも自由行動なので時間だけは厳守で。

バス内からホーエンシュバンガウ城

バス内からホーエンシュバンガウ城

バス・・・狭い山道を行くんですが、運転手さんが結構コーナー攻めてて怖いです(笑)
行く途中でホーエンシュバンガウ城を上から眺められたりします。

バス停

バス停

乗ってから3分~5分程度でしょうか?
山の上のバス停に到着しました。

マリエン橋へ

マリエン橋へ

さて、バス停に降りると2つのルートが存在しています。
ノイシュバンシュタイン城ルート」と「マリエン橋」ルートです。
バスで来たのであれば是非、マリエン橋に行くのがお勧めです。
(馬車だとマリエン橋は少し遠くなります。)

マリエン橋

マリエン橋

バス停から3分ほど歩くとマリエン橋へと到着します。
しかし・・・とにかく人が多いので場合によっては近づけないかもしれません。

Pollat​​峡谷

Pollat​​峡谷

橋の上から・・・下を見ると「Pollat​​峡谷」が・・・。
そして反対側を見てみると・・・

ノイシュバンシュタイン城

ノイシュバンシュタイン城

夢にまで見た「ノイシュバンシュタイン城」です!
天気もよく・・・すごく綺麗でした。
はじめて姫路城を見た時のような感覚を感じました。

ノイシュバンシュタイン城

ノイシュバンシュタイン城

ノイシュバンシュタイン城は、ホーエンシュバンガウ城にて幼少期を過ごし、さらにリンダホーフ城を建てた、ルートヴィヒ2世が建てたお城です。

ノイシュバンシュタイン城

ノイシュバンシュタイン城

建設当時はノイホーエンシュバンガウ城という名だったそうです。
ノイは英語で言うNewにあたる「新しい」という意味で、新しいホーエンシュバンガウ城と名乗っていましたが、もともとこの地に「シュバインシュタイン城」というお城があったことから「ノイシュバンシュタイン城」になったそうです。

さて、次からはお城の方へと向かっていきます。

【ノイシュバンシュタイン城とリンダーホーフ城1日観光ツアー】


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 海外のお城   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">