【番外編】ドイツのぶらりお城旅「オーバーアマガウ散策」

前回はリンダーホーフ城を訪れました。
再びバスに乗り込み、次の目的地に出発します。

家にフレスコ画

家にフレスコ画

次に目指したのは「オーバーアマガウ」です。
人口5000人ほどの小さな街ですが、この町は2つのことで有名です。

その一つが行く途中の車窓でも見えた家の壁に施されたフレスコ画です。

童話モチーフのフレスコ画

童話モチーフのフレスコ画

基本的にキリスト教などの宗教的な絵が多い中、一部は赤ずきんちゃんなどの童話をモチーフにしている絵もあり、基本的にその家の持ち主の趣味?で描かれているようで、それらを見て回るのも面白いです。

キリスト受難劇の町

キリスト受難劇の町

そしてオーバーアマガウで有名なもうひとつが「キリスト受難劇」です。
1633年ごろにドイツで流行したペストという病気。
各地で蔓延したこの病気も、ここオーバーアマガウでも猛威を振るうかと思われました。

しかし、そこで敬虔なカトリックの市民が、
「村を守ってくれらイエス・キリストの死と復活の劇を上演する。」
と誓いを立てたといい伝えがあるそうです。

オーバーアマガウの町並み

オーバーアマガウの町並み

誓いのおかげか、オーバーアマガウのペスト被害は小さく、ここから10年に一度の市民による「キリスト受難劇」が行われるようになったそうです。

西暦で下一桁が「0」の年に行われるキリスト受難劇は、次の開催が2020年なんだそうです。
ちなみに市民のほとんどがこの劇に参加するため、オーディションを受けるのだとか。

自由散策

自由散策

さて、そんなオーバーアマガウの町で自由散策の時間を与えられました。
時間は30分ほどでしたので、ゆっくり食事というわけにはいきませんが・・・。

フレスコ画

フレスコ画

フレスコ画も町中でいくつか見られます。
あと、木製のおもちゃや木彫りも名物らしく、それらを販売するお店も立ち並んでいました。

アイスクリーム屋さん

アイスクリーム屋さん

さて、食事の時間は無いけど・・・
ということでアイスクリームを買ってみました。
マニアックなドイツ語がわからないので無難なバニラとバナナなどをチョイス。

美味しいアイス

美味しいアイス

この時間ぐらいから急に快晴になり気温も上がってきたのでアイスが美味しかったです!

さて、次はオーバーアマガウからノイシュバンシュタイン城に移動です。

【ノイシュバンシュタイン城とリンダーホーフ城1日観光ツアー】


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 海外のお城   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">