【登城記】首里城(日本100名城 No.100) — 其ノ壱

2013年、復活のお城部レポートのスタートは沖縄県。
100番目のお城である首里城からスタートです。

空港に降り立ち、レンタカーで真っ先に向かった首里城。
周りの道が狭かったり、駐車場の入口がわかりにくくて周回したりありましたが・・・
無事に地下駐車場からスタートの首里杜館(すいむいかん)へとたどり着きました。

首里杜館

首里杜館

奥の施設が首里杜館。
左手前に総合案内所があり、ここで日本100名城スタンプが借りられます。

守礼門から散策スタート

守礼門から散策スタート

そんなわけで総合案内所で首里城案内コースを確認して、まずは守礼門からスタートしていきます。

首里城の地図

首里城の地図

首里城散策のコースですが、一般コースで1時間20分ほどと書かれていました。

守礼門

守礼門

さて、スタートしていきなりですが・・・残念なお知らせ。
守礼門が保存修理工事に入っておりました・・・。

工事のお知らせ

工事のお知らせ

今年の3月まで工事とのこと・・・行かれる方はご注意ください。

ちなみに守礼門は1527年~1555年あたりに創建されたもので、額に書かれている「守禮之邦」には「琉球は礼節を重んずる国である」という意味があるらしいです。

守礼門をくぐって

守礼門をくぐって

さて、気を取り直して守礼門をくぐり、進みます。
守礼門くぐって先には門が見えてきますが・・・
その前に左手にこんなものがあります。

園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)

園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)

園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)です。
国王が出陣の時、道中の安泰をこの石門前で祈願したといわれる場所。

世界遺産

世界遺産

ちなみに世界遺産にも選ばれている建物なんです。
形こそ門のようになっていますが、人が通るための門ではないようです。
神への礼拝の門、としての門であるらしいですね。

歓会門(かんかいもん)

歓会門(かんかいもん)

さて、先ほど見えていた門が近づいてきました。
こちらは歓会門(かんかいもん)といいます。

歓会門(かんかいもん)

歓会門(かんかいもん)

首里城の城郭内へ入る第一の正門で、「歓会(かんかい)」とは歓迎するという意味なんだそうです。

歓会門について

歓会門について

創建は1477~1500年頃で焼失したが、1974年に復元されました。

木造の櫓

木造の櫓

門は石のアーチ状の城門の上に木造の櫓(やぐら)が載せてあるスタイルです。

歓会門をぬけて

歓会門をぬけて

さて、歓会門を抜けると・・・
やはり日本のお城とはちがう光景が広がりますね・・・。

瑞泉門

瑞泉門

奥に見えるのは瑞泉門です。
この瑞泉門の周りはいろいろ隠れています。

説明文

説明文

この説明文を見ると、何かが隠されているので探してみると・・・

龍樋(りゅうひ)

龍樋(りゅうひ)

門に登る途中の石段右手にありました、龍樋(りゅうひ)です。
龍の口から湧水が湧き出していることからそのように名付けられたもので、この水は王宮の飲料水として使われていたそうです。

冊封七碑(さっぽうしちひ)

冊封七碑(さっぽうしちひ)

ちなみに龍樋のまわりには、冊封七碑(さっぽうしちひ)と呼ばれる七つの石碑があります。
戦争で破壊されてしまって今は残っていないそうですが、中国皇帝の使者が歌った漢詩などが刻まれていたとか。

瑞泉門(ずいせんもん)

瑞泉門(ずいせんもん)

そんなわけで瑞泉門(ずいせんもん)です。
「立派な、めでたい泉」という意味があり、門の手前右側にある龍樋からちなんでこのように名付けられたそうです。

そんなわけで首里城の第2の門まで来ました。
次回の其の弐では更に中へ入っていきます。

【首里城登城記】

  1. 【登城記】首里城(日本100名城 No.100) — 其ノ壱
  2. 【登城記】首里城(日本100名城 No.100) — 其ノ弐
  3. 【登城記】首里城(日本100名城 No.100) — 其ノ参
  4. 【登城記】首里城(日本100名城 No.100) — 其ノ四
  5. 【登城記】首里城(日本100名城 No.100) — 其ノ五
  6. 【グルメスポット】沖縄そば博 – 首里城周辺グルメスポット

【首里城についてはこちら】
日本100名城 No.100 【沖縄県那覇市】首里城


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 沖縄県のお城   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">