【登城記】苗木城(岐阜県中津川市) – 其ノ四

2011年10月9日の苗木城への登城記もいよいよ其ノ四です。
其ノ参では、二の丸から本丸へと入って来ました。
そして今回、いよいよ天守台へと登りつめます。

本丸の別れ道

本丸の別れ道

本丸へと入ってきて、別れ道。
先ほど行ってきた笠置矢倉の方向とは別に、こちらは左へ行くと頂上のようです。

頂上へのルート

頂上へのルート

ここまでは比較的なだらかな坂道でしたが、
さすがに頂上へ近づくと急な傾斜になってきますね。

目指す天守台

目指す天守台

目指す天守台はすぐそこです。

道は狭く、横は崖

道は狭く、横は崖

そして道幅も二人で並んでの通過は狭いぐらいになってきました。
すぐ左は崖ですし、なかなかスリリング。

玄関口門跡

玄関口門跡

そして、この坂を登り切ったあたりの場所が「玄関口門」という門の建っていた場所です。

玄関口門について

玄関口門について

ここを抜けるのが天守への正式ルートだったらしく、
通常は鍵がかけられていたそうです。

周りの山と比べても高い場所

周りの山と比べても高い場所

玄関口門を過ぎてもまだまだつきません。

最終コーナー

最終コーナー

そして天守台への最終コーナー。
もうこの場所ぐらいになると、高所恐怖症の人は厳しいと思うぐらいの高さと道の狭さ。

横が崖

横が崖

こんな高さ。
手すりも無いので気をつけましょう。

天守台

天守台

そして登山口から歩いて約15分。
本丸玄関へと辿り着きました。

本丸玄関について

本丸玄関について

天守台より一段低いところにある本丸玄関。
ここの玄関から懸け造りとなっていた部分を通過して天守台へと入ったようです。

天守台への階段

天守台への階段

現在は懸け造りも残っておらず、復元もされていないので・・・
こちらの木製階段にて天守台部分へ上がります。

苗木城天守台

苗木城天守台

そして到着した頂上。
苗木城の天守台です。

巨石の上に建つ展望台

巨石の上に建つ展望台

苗木城の天守は二つの巨石の上に、やはり懸け造りにて建てられていたそうです。
三重の天守だったとされており、現在の展望台はその最下層部分の足組を再現した形で作られているそうです。

苗木城天守建物

苗木城天守建物

苗木城は別名を「赤壁城(あかかべじょう)」といい、
これは城の壁が白漆喰ではなく赤土がむき出しになっていたからと伝えられています。

岩の上に柱穴をあけて天守が建てられていた

岩の上に柱穴をあけて天守が建てられていた

岩には当時の柱穴が残っていたため、それを生かして展望台が建てられています。

天守台付近からの眺望

天守台付近からの眺望

そしてとても晴れた日でしたので、
この天守台跡からの眺望は見応えがありました。

目の前には恵那山

目の前には恵那山

目の前の高い山は「恵那山」です。
標高2,191メートルというかなり高い山です。

中津川の街

中津川の街

そして恵那山の手前には中津川の街。
中津川の街には「中山道」が通っており、交通の要所でした。
ここから見下ろしていれば・・・敵が来るのも分かりやすそうです。

木曽川

木曽川

上から木曽川を見ると、とても澄んだ水で綺麗でした。
さて、次回はいよいよラスト。展望台をご紹介します。

【苗木城登城記】

  1. 【登城記】苗木城(岐阜県中津川市) – 其ノ壱
  2. 【登城記】苗木城(岐阜県中津川市) – 其ノ弐
  3. 【登城記】苗木城(岐阜県中津川市) – 其ノ参
  4. 【登城記】苗木城(岐阜県中津川市) – 其ノ四
  5. 【登城記】苗木城(岐阜県中津川市) – 其ノ五
  6. 中津川観光センター にぎわい特産館 – 苗木城周辺寄り道スポット
  7. 中山道と新杵堂の栗粉餅 – 苗木城周辺寄り道スポット

お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 岐阜県のお城   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">