【登城記】苗木城(岐阜県中津川市) – 其ノ参

2011年10月9日の苗木城への登城記。
其ノ弐では、三の丸から二の丸までをご案内しました。
今回はその続編です。

菱櫓門跡からすぐの折り返し

菱櫓門跡からすぐの折り返し

二の丸から本丸への道はつづら折りのように坂が折り返しを繰り返します。
菱櫓門跡を通ってすぐにも折り返しがあります。

千石井戸と石垣

千石井戸と石垣

そして現れたのが「千石井戸」です。
この後ろには高い石垣がそびえ立っています。

角度が変わる石垣

角度が変わる石垣

傾斜が途中からきつくなるこの石垣部分は、後に積み替えられた部分ではないか?と言われているようです。
確かに形がいびつに感じますね。

千石井戸と本丸口門の説明

千石井戸と本丸口門の説明

千石井戸はこんな高所の場所なのに、どんな日照りでも水を枯らさなかったとか。
千人の用を達することからこの名前になったと書いてあります。

井戸東側

井戸東側

井戸の東側のこのスペースには、懸け造りの蔵が立ち並んでいたそうです。
この奥に進むと、弓矢を練習する場所である「的場」というスペースも存在していました。

本丸口門跡

本丸口門跡

そして井戸の西側、本丸口門があった場所です。
二の丸と本丸を分けるこの門は総けやきで出来ていたことから、
「欅門」という別名もあったそうです。

本丸に突入

本丸に突入

さてようやく本丸へと入って来ました。

武器蔵と具足蔵

武器蔵と具足蔵

本丸入ってすぐにあったとされるのが、武器蔵具足蔵です。
その名の通りの蔵で、それぞれ武器や具足が収納された蔵だったと思われます。

具足蔵跡

具足蔵跡

こちらが具足蔵跡。
他にも旗などがしまわれていたので、別名を「旗蔵」と言ったそうです。

武器蔵跡

武器蔵跡

礎石のあるこちらが武器蔵跡。
長さ約16メートル、奥行き6メートルの蔵だったそうです。

本丸の巨石

本丸の巨石

そして本丸に入っても巨石を利用した石垣が続きます。

天守台跡

天守台跡

そして上を見あげれば、天守台跡が見られるようになってきました。
頂上まであと少しです。

本丸南側へ

本丸南側へ

しかし、天守台の前に本丸の南側へも行ってみます。

景色が良さそうな場所

景色が良さそうな場所

すると木々の先に拓けた展望スペースが現れます。

笠置矢倉跡

笠置矢倉跡

この場所は「笠置矢倉」という櫓が建っていた場所です。
建物が無い現在では、ちょっとした展望スペースになっています。

笠置矢倉跡について

笠置矢倉跡について

どうやら三階建ての櫓が建っていたようです。
しかもこちらも懸け造りで巨石の上にあったとか。

笠置矢倉跡からの眺望

笠置矢倉跡からの眺望

来るときに通ってきた橋も見えます。
笠置矢倉の笠置というのは目の前に広がっていた笠置山から取ったのだとか。

再び展望台へのルートへ

再び展望台へのルートへ

さて、笠置矢倉から頂上へのルートへ戻ります。

ここにも巨石

ここにも巨石

そしてここにも巨石が。
本当に巨石の上のお城ですね・・・崩れたりすることは無かったのだろうか?
とか思ってしまいます。

巨石の上の展望台

巨石の上の展望台

さて、次の其ノ四ではいよいよ頂上の展望台へと進みます。

【苗木城登城記】

  1. 【登城記】苗木城(岐阜県中津川市) – 其ノ壱
  2. 【登城記】苗木城(岐阜県中津川市) – 其ノ弐
  3. 【登城記】苗木城(岐阜県中津川市) – 其ノ参
  4. 【登城記】苗木城(岐阜県中津川市) – 其ノ四
  5. 【登城記】苗木城(岐阜県中津川市) – 其ノ五
  6. 中津川観光センター にぎわい特産館 – 苗木城周辺寄り道スポット
  7. 中山道と新杵堂の栗粉餅 – 苗木城周辺寄り道スポット

お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 岐阜県のお城   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">