【観光スポット】久能山東照宮 (其ノ壱) – 駿府城周辺寄り道スポット

2011年3月。
駿府城の登城を決めた際に、寄っておきたい場所として行ったのがこちら。

史跡 久能山東照宮

史跡 久能山東照宮

久能山東照宮です。
私がここを訪れるのは小学校6年生以来。
だから二十数年ぶりに来てみました。

あの頃と変わったことといえば、この久能山東照宮の一部が国宝に認定された事。
そして徳川家康が眠っているこの地をご紹介していきます。

一ノ鳥居

一ノ鳥居

さて、久能山へ登る方法は2パターンあります。
太平洋側の「一ノ鳥居」のある場所から登るか・・・
または日本平の方からロープウェイで行くか。

表参道

表参道

しかし、今回はあえてこちらの参道から石段を登ることにしました。
冬眠していたお城部員の体を目覚めさすためにも・・・(笑)
いや、ただいちご狩りとセットで訪れたかっただけです。

久能山地図

久能山地図

さて、この久能山。
名前のとおり山なので・・・登らないといけません。

子供の頃にもなにかすごい登った記憶しか残ってなく、
建物の記憶がまったくなかったりします。

久能梅林

久能梅林

さて、まだ歩き始めてすぐなのですが・・・
梅林を見つけました。

梅林の梅

梅林の梅

時期的にちょうど良かったのか・・・
梅林の梅の花が咲いておりました。
なかなか綺麗です。

表参道石段

表参道石段

さて、いよいよ表参道石段がスタートです。
なんとこの石段・・・1159段あります。
日本の歴史ある石段でも上位クラス?(一番は熊本で3000段越えるみたいですが)

石段登り中

石段登り中

久能山の麓には善意の杖もありますので・・・
体力的に自信の無い方は是非ご利用を。

景色が素晴らしい

景色が素晴らしい

しかしこの石段を登っていると・・・徐々に景色が良くなってきます。
この日のように快晴だと尚更。

一ノ門

一ノ門

やっと一ノ門へ到着!
これで鳥居から一ノ門までの1159段を20分ほどで登りきりました。
ちなみに1159には「いちいちご苦労さん」という当て字・・・なんか上から目線だな(笑)

見事な眺望

見事な眺望

この日みたいに天気がいいと伊豆半島も綺麗に見えます。

一ノ門から東照宮へ

一ノ門から東照宮へ

さて、これではまだ第一関門を突破したにすぎません。
いよいよ内部へ。

門衛所

門衛所

一ノ門をくぐるとすぐに「門衛所」があります。
江戸時代には久能山東照宮の参拝には制限がかけられたそうで、
当時の警察官である与力がこの門衛所にて警護していたそうです。

石段再開

石段再開

結局奥まで行くにはさらなる石段。

お城のようだ

お城のようだ

門をくぐってから、急にお城みたいになってきました。
と、いうのもこの久能山、むかしは久能城というお城があり武田信玄が居城にしていました。
徳川家康もこの地を重要な土地としていたようです。

櫓のようだが博物館

櫓のようだが博物館

途中、博物館があります。
ちなみにこの奥には「勘介井戸」があります。
山本勘助が掘ったとか。

見晴台

見晴台

さらに奥へ進むと見晴台のような広いスペース。

御前崎方面

御前崎方面

ここからは御前崎方面がよく見えます。

久能山東照宮 入口

久能山東照宮 入口

さて、やっと久能山東照宮への入口に来ました。

社務所

社務所

社務所にて入場券を購入し、いよいよ東照宮へ入っていきます。
拝観料は大人で500円。博物館と共通だと800円です。

次回「其ノ弐」では東照宮内の建物をご紹介していきます。

【久能山東照宮マップ】

大きな地図で見る

【駿府城登城記】

  1. 【登城記】駿府城(日本100名城 No.41) – 其ノ壱
  2. 【登城記】駿府城(日本100名城 No.41) – 其ノ弐
  3. 【登城記】駿府城(日本100名城 No.41) – 其ノ参
  4. 【登城記】駿府城(日本100名城 No.41) – 其ノ四
  5. 【観光スポット】久能山東照宮 (其ノ壱) – 駿府城周辺寄り道スポット
  6. 【観光スポット】久能山東照宮 (其ノ弐) – 駿府城周辺寄り道スポット
  7. 【グルメスポット】久能山 石垣いちご狩り – 駿府城周辺グルメスポット
  8. 【グルメスポット】麺行使 伊駄天 – 駿府城周辺グルメスポット
  9. 【観光スポット】ガンダム 他 – 駿府城周辺寄り道スポット

【駿府城についてはこちら】
日本100名城 No.41 【静岡県静岡市】駿府城


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 観光スポット   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">