【登城記】沓掛城(愛知県豊明市) – 其ノ弐

沓掛城への登城記其ノ壱から続き、第2回です。
諏訪曲輪を前回は紹介いたしましたが、今回は再び本丸へと戻り周辺を探索します。

諏訪曲輪から本丸を望む

諏訪曲輪から本丸を望む

基本的に現在の本丸には遺構は残っておりませんが、井戸があります。

井戸

井戸

実際にここに井戸があったのかは謎ですが・・・

本丸南側へ

本丸南側へ

さて、本丸の外側に沿って南へと。

空堀

空堀

本丸の南側は空堀。
土塁もよく残っています。

空堀

空堀

そしてこちらは本丸と二の丸を繋ぐ部分。
大手門が建っていたとされている部分です。
こちらも土塁が見事に残っています。

本丸跡

本丸跡

南側からの本丸跡。

大手門跡

大手門跡

さて、本丸と二の丸の間には大手門が建っていました。
その場所には現在、碑が建てられています。

沓懸城址

沓懸城址

沓掛は沓懸という漢字でも書くようです。
今川義元の最後の晩餐の地として最も有名です。

本丸の土塁

本丸の土塁

こちらは大手門跡から観た、本丸の東南部分の土塁です。

二の丸

二の丸

そしてこちらは二の丸跡
少し下がった部分にあり、現在は広場になっています。

道路から観た空堀

道路から観た空堀

さて、一度南側の道路に出たときの写真。
空堀と本丸跡の土塁がよく見えます。

二の丸から本丸方面

二の丸から本丸方面

こちらは二の丸跡から本丸跡を観た写真。

大手門跡付近の土塁

大手門跡付近の土塁


本丸東側の土塁

本丸東側の土塁

とにかく良い状態で曲輪の遺構が残っているお城だと思いました。

お寺

お寺

最後に・・・民家だと思っていたとなりのお宅は・・・お寺でした。

慈光寺

慈光寺

慈光寺というお寺。
桶狭間の合戦の戦功により沓掛城主となった梁田出羽家臣が、
戦死者の霊を弔うために庚申堂を建立したお寺なんだそうです。

慈光寺の門

慈光寺の門

なるほどなんとなく歴史がありそうです。

鐘


桶狭間十三佛

桶狭間十三佛

ちなみにこのお寺、桶狭間十三佛巡りの1つだそうです。
桶狭間十三佛巡りは、豊明市商工会全国展開事業として、
桶狭間合戦から450年の節目の年に、合戦に関わりある
寺院六ヶ寺によって開かれたものなのだそうで・・・
慈光寺は7番目と10番目にあたるそうです。

以上、沓掛城レポートでした。

【沓掛城登城記】

  1. 【登城記】沓掛城(愛知県豊明市) – 其ノ壱
  2. 【登城記】沓掛城(愛知県豊明市) – 其ノ弐

お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 愛知県のお城   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">