【登城記】高岡城(日本100名城 No.33) – 其ノ参

さて、高岡城登城記もラストの其ノ参です。
高岡市博物館にて、石垣の刻印を観ることをススメられたので・・・
その石垣を観るために来た道を引き返します。

二の丸から本丸へ

二の丸から本丸へ

その石垣は、二の丸と本丸の間にあります。
二の丸と本丸は土橋で繋がっているのですが、その土橋の下には石垣が組まれています。

高岡城跡 石垣

高岡城跡 石垣

高岡城では少ない遺構のひとつ。
2回目なのに2回ともスルーしていました・・・。

階段を降りて土橋の下へ

階段を降りて土橋の下へ

土橋の隅、本丸側には下に降りられる階段があります。
ここを降りていくと、土橋のところに降りられるのです。

土橋の石垣

土橋の石垣

なかなか見事な石垣が残っています。
さらに近くに寄ることもできます(草むらの中に入りますが・・・)

刻印の入った石

刻印の入った石

石垣の石はよく見るとたくさんの刻印が入っています。

刻印の入った石

刻印の入った石

このダンゴ状のモノはよく見るような・・・。

刻印の入った石

刻印の入った石

こちらにも刻印。
看板の説明にも書かれていましたが、キリシタン大名であった右近の縄張り設計から、
キリシタンに関係あるのでは?という説もあるようです。

刻印のある石垣

刻印のある石垣

注意深く回らないと見逃しそうなスポットではありますが・・・
高岡城の遺構、見ておきたい部分です。

鍛冶丸から明丸へ

鍛冶丸から明丸へ

さて、石垣を見終えて再び博物館のあった鍛冶丸へ。
そこから北へ、明丸を目指して歩きます。

前回、高岡城を訪れた時も通らなかったルートです。

枡形濠(塵不溜)

枡形濠(塵不溜)

歩いて行くと右手には外濠で一番深い場所であるらしい枡形濠が見えます。
別名を塵不溜(ちりたまらず)というそうです。

枡形濠(塵不溜)

枡形濠(塵不溜)

ここにはよく、白鳥が泳いでるそうですが・・・
今は日陰にでも逃げているのでしょう(笑)

土橋

土橋

ちなみに反対側の左手には先ほど降りた土橋。
こちら側から見える部分には降りられませんが・・・こっちにも刻印があるのでしょうね。

動物園

動物園

さて、明丸に入ると急に動物園が現れました!
しかも入場無料の動物園です。

フラミンゴ

フラミンゴ

動物園には多数の動物が!
フラミンゴや・・・猿。

馬

馬や、ペンギンなども。
しかし、ここの動物園の特徴は・・・

面白いイラスト看板

面白いイラスト看板

ワル知恵袋・・・(笑)

面白いイラスト看板2

面白いイラスト看板2

なかなか味のある動物園でした。
それにしてもお城の中に動物園って多いですね。

三の丸から朝陽橋

三の丸から朝陽橋

さて、明丸から三の丸に向かう途中には朝陽橋が遠くから見られます。
前回来たときは、この近くの搦手口から入城したのでした。

民部の井戸

民部の井戸

民部の井戸は利長が右近に作らせた、高岡城の遺構のひとつ。

再び小竹薮

再び小竹薮

そんなわけでぐるりと回って、再び小竹薮へと戻ってきました。

お堀めぐり

お堀めぐり

なお、この高岡城では現在「お堀めぐり」を楽しむことができるそうです。
見事なお堀の縄張りが残るこのお城で遊覧船を楽しんでみてはいかがでしょうか?

【高岡城登城記2010】

  1. 高岡城(日本100名城 No.33) – 其ノ壱
  2. 高岡城(日本100名城 No.33) – 其ノ弐
  3. 高岡城(日本100名城 No.33) – 其ノ参
  4. 高岡山 瑞龍寺 – 高岡城周辺寄り道スポット

【高岡城登城記2008】

  1. 高岡城 – 2008.08.23登城 -

【高岡城についてはこちら】
日本100名城 No.33 【富山県高岡市】


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 富山県のお城   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">