【登城記】高岡城(日本100名城 No.33) – 其ノ弐

2010年、高岡城登城記の「其ノ弐」ではひとまず高岡城の縄張りから出ます。

というのも、ここ高岡城で日本100名城のスタンプを押すには9時まで待たねばなりません。
現在は8時過ぎ。まだまだ時間があったのです。

駐春橋へと

駐春橋へと

二の丸から駐春橋を経て、縄張り外へ出ることにします。

橋からは南外濠

橋からは外濠

駐春橋(ちゅうしんばし)は、外濠の上に建てられた橋です。
この橋を渡ってまっすぐ進むと高岡大仏がすぐそばにあるのです。

駐春橋

駐春橋

まだ観光客も少ない高岡の街を歩いていきます。

高岡の町並み

高岡の町並み

こんな町並みの中を歩いて行くと・・・

高岡大仏

高岡大仏

突如として大仏が現れた!
まさかそこにか!ってところにありますよね、高岡大仏。

日本三大仏らしい?

日本三大仏らしい?

日本三大仏のひとつと書かれていましたが・・・
奈良、鎌倉は決まっていても3つ目の大仏は空位らしくちゃんと定まっていないらしい。

入れる台座部分

入れる台座部分

高岡大仏の高さは15.85m。
奈良東大寺の大仏が16mということで、実は同じぐらい。

ちなみに台座部分に入れたりします。

高岡大仏について

高岡大仏について

今の大仏は昭和になってから再建されたもののようです。

台座内部

台座内部

大仏の建て方

大仏の建て方

中には色々なものが・・・
大仏建立の想像図なんかもありました。

敷地内の鐘楼

敷地内の時鐘

高岡大仏の敷地内には時鐘もあります。

時鐘説明

時鐘説明

1804年に作られたもののようです。

再び高岡城へ

再び高岡城へ

再び高岡城へと戻りました。
正直、30分も時間つぶせていない感じで戻ってきてしまいました。

それだけ高岡城から高岡大仏が近いんですよね。

高岡市博物館

高岡市博物館

さて、あまりウロウロするのも疲れてしまうので・・・
もう日本100名城スタンプが置かれている「高岡市博物館」で開館を待つことに。

開館している?

開館している?

博物館前に行ってみると「開館」の看板が出ていた。
しかし扉は閉まっている。この時まだ8時半。

高岡城石垣の石

高岡城石垣の石

あと30分待つことにし、外の石垣の石などを撮影していると・・・
中から博物館の方が出てこられた。

「どうぞ、お入り下さい。空調効いてなくてまだ暑いですけど。」

と、なんと開館前に中に入れてくれた!
これはありがたいです。

高岡市博物館内へ

高岡市博物館内へ

なんと早めにスタンプを押すことに成功。
そしてついでに博物館の方が高岡城について簡単に説明してくれて、見所を教えてくれました。

館内

館内

館内はもちろんまだ他にお客さんはおらず・・・
むしろ、まだ博物館の方が掃除をしていた・・・すみません・・・。

高岡城ジオラマ

高岡城ジオラマ

このジオラマを見るとわかるが、高岡城の北側は沼地だったらしい。
と、博物館の方が教えてくれました。

博物館

博物館

なんだかんだで博物館をくまなく見たら9時を過ぎておりました。
親切にしてくれた博物館の方に感謝です。

【高岡城登城記2010】

  1. 高岡城(日本100名城 No.33) – 其ノ壱
  2. 高岡城(日本100名城 No.33) – 其ノ弐
  3. 高岡城(日本100名城 No.33) – 其ノ参
  4. 高岡山 瑞龍寺 – 高岡城周辺寄り道スポット

【高岡城登城記2008】

  1. 高岡城 – 2008.08.23登城 -

【高岡城についてはこちら】
日本100名城 No.33 【富山県高岡市】


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 富山県のお城   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">