市道拡幅か遺跡保存か 伊那「一夜の城」土塁、解体の危機

長野県のとあるお城跡を残すか解体かが迫られている模様。

そのお城は長野県にある日本100名城、高遠城近くのお城。
信長勢が武田を攻める際に一夜だけのお城として作られたものだとか。

たしかに貴重な遺構。
だが指摘されなければただの荒地にしか見えないのかもしれませんね・・・

詳細は以下。

市道拡幅か遺跡保存か 伊那「一夜の城」土塁、解体の危機

織田信長の長男信忠が武田勢の拠点の高遠城(長野県伊那市高遠町)を攻めた際、本陣を置いたと伝えられる伊那市貝沼の遺跡「一夜の城」の一部が、市道の拡幅工事で取り壊されそうなことが分かった。住民は拡幅を強く求める一方、研究者らは「貴重な遺跡」と指摘。工事は宙に浮いた状態になっている。

引用元:市道拡幅か遺跡保存か 伊那「一夜の城」土塁、解体の危機(中日新聞)

ペタしてね 人気ブログランキングへ ←よろしければクリックお願いします!


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: お城ニュース   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">