日本100名城 No.11 二本松城 – 2009.07.30登城

さて、二本松駅から二本松市歴史資料館(※その模様はこちら)を経て、
いよいよ日本100名城二本松城へと乗り込みます。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-二本松城
二本松城(霞ヶ城址)

二本松城は別名、霞ヶ城と言い色々な逸話を持つお城です。
主に悲しい逸話が多いですが・・・。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-二本松城
二本松少年隊

まずは入ってすぐに建つ像。
これは「二本松少年隊」の像です。

戊辰戦争の際、二本松藩は敵軍を迎え撃つべく半数以上が出兵してしまいます。
手薄になったお城で出陣嘆願を出した13歳から17歳の少年62名。
それが二本松少年隊です。

しかし、戦いむなしく二本松城は落城し、少年たちは命を落としました。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-二本松城
史跡 二本松城跡

城内には二本松城と霞ヶ城の表記が混ざっていますが、
こちらでは二本松城で行かせて頂きます。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-二本松城
箕輪門

今居る場所は兵士たちが出陣の際に集まった場所で「千人溜(せんにんだめ)」と呼ばれたそうです。
ここを登った先にあるのが復元された箕輪門です。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-二本松城
二階櫓(右)

箕輪門は右手に見える二階櫓櫓門多門櫓で構成されています。
正面に門が無い、曲がってはいる枡形門となっています。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-二本松城
高石垣

反対側には高石垣
二本松城は見事な高石垣のお城だったそうです。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-二本松城
箕輪門(櫓門)

箕輪門を正面から。
渡り櫓の形式ですが、左側・・・つながってませんね。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-二本松城

さて、箕輪門をくぐって奥へと。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-二本松城
二階櫓を内部から

中からの二階櫓は入口がありました。
公開されているのか、それとも事務所的なものなのか・・・
開いてはいませんでした。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-二本松城
三の丸への虎口

三の丸の広場へ進む前に枡形の虎口があります。
ちょっと今回写真多いのでこのように端折って行きます(笑)

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-二本松城
三の丸

三の丸では何かを建設中で・・・人がたくさんでした。
別になにかを復元と言うわけではなく、お祭りの準備かな?と思いました。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-二本松城

さて、さらに奥へと。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-二本松城
登山口

すると不吉な看板となにやら山道が現れます・・・
いやな予感が・・・アレを思い出します・・・(※アレとはこれ

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-二本松城

やはりここか


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 福島県のお城   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">