日本100名城 No.5 根城 – 2009.07.28登城

さて、人生初の青森に上陸です。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
JR八戸駅

八戸にやってまいりました!
八戸といえば世界一の美人市議に選ばれました藤川優里さんのいらっしゃる街です。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
八戸駅前

ここでまた歩くと思ったそこのあなた!
今回はちょうどよくバスが来ました(笑)

いや、さすがに八戸駅から次に目指すお城は遠いんですね・・・
まぁ歩けない距離ではないと思いますが・・・。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
八戸市博物館前

さて、バスで降り立ったのは八戸市博物館前
ここには日本100名城根城(ねじょう)があります。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
八戸市博物館

さて、日本100名城スタンプはこちらの博物館でも押せるようです。
しかしながら時間があまり無いので今回はスルーで急ぎます。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
南部師行公

博物館の前には南部師行(もろゆき)公の像があります。
根城の始まりは南北朝時代に南部氏が築いてからとされています。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
史跡根城の広場 入口

さて、像の横には根城の入口があります。
根城の広場は本丸のみ有料なので、ここは自由に入れます。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
旧八戸城東門

再建された門でしょうか?こちらから入っていきます。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城

門をくぐると本丸までの整備された道が広がります。
平日なのもあってか、公園整備の方がいらっしゃったり、城内を自転車で駆けていく学生も・・・。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
堀跡

入ってすぐ横にはお堀跡。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
堀跡、中館

そしてもう少し進むと更に大きなお堀跡。
堀の向こうに見える建物は中館で、芽葺きの大きな建物で休憩所になっています。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
木橋

さて、この木橋を渡っていくといよいよ本丸です。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
東門

本丸の入場口である東門。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
料金所

東門をくぐってすぐに料金所があります。
史跡根城の広場のみの入場であれば大人250円になります。
ちなみにここに日本100名城スタンプもありますが、にじみました(笑)

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
納屋

さて、まず最初に現れたのは納屋です。
ここには味噌や酒などが入れられていたとか。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
主殿

そしてメインである主殿

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
主殿 説明書

主殿は当主が特別な客と会ったりする際に使われた場所だそうです。
当時の工法を使って再建された建物です。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城

主殿の間を通り抜けて奥へ。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
主殿入口と馬屋

奥に行くと馬屋がありました。
その手前に主殿の玄関があります。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
主殿玄関

主殿の玄関には兜が。
その上には日本100名城の認定書が飾られていました。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
主殿内

主殿内はヒバの香りが漂います。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
広間

中の広間では儀式かなにかの模様が再現されていました。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
中馬屋

さて、再び外に出て本丸北側にある中馬屋へ。
主に来客の馬をつないでいた建物なんだそうです。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
本丸址の碑

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
番所

この番所は、本丸の西門を通る人の監視を行っていた場所だそうです。
近くに物見櫓の跡みたいなものもありました。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
工房

そして再現された工房の建物。
なんか入口がすごく狭くて・・・しかも地中なんですよね。
なんかこういうところって

男性は基地みたいなの好きだからワクワクしますね!(笑)

入らなくてもいいのに全部入る私が居ます。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
工房内

工房内は武具の修理などを行った建物とされています。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
常御殿跡

さて、主殿に続く?建物であったであろう常御殿の跡。
奥に見えるのは主殿です。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
野鍛冶場

野鍛冶場です。
建物内だと暑いから外なんでしょうか?

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
鍛冶工房

こちらは鍛冶工房
ここもまた地中に入っていく感じがたまりません。
入口低すぎて危なかったですけどね・・・。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
鍛冶工房内

なんとか入った鍛冶工房内。
深さ1メートルの竪穴式建物で、中は涼しかったです。地中だから?

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
板蔵

板蔵は当主などが使う道具類を収めた建物です。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-根城
板蔵内

中には黒漆塗りの道具


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 青森県のお城   パーマリンク

日本100名城 No.5 根城 – 2009.07.28登城 への2件のコメント

  1. kani より:

    1 ■楽しみに見ています
    初めてコメントします。
    おもしろいですね
    根城 こんなお城もあるんですね。
    これからも しっかり見せてもらいます。

    頑張ってください。
    有り難う・・・・・

  2. お城部長 より:

    2 ■Re:楽しみに見ています
    >kaniさん
    こちらこそコメントありがとうございます!
    根城はいわゆる最近のお城とは違いましたが、面白かったですよ!
    機械があれば是非!!
    http://ameblo.jp/ojyobu/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">