興徳寺 蒲生氏郷の墓 – 会津若松城周辺寄り道スポット

さて、御三階を周って近くのバス停を見たらまたもや1分違いで出発した後(笑)
どうやら乗せたくないらしい・・・。

もうこうなったら歩ける範囲は歩いて観光!
ということで向かったのは

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-興徳寺
興徳寺外観

興徳寺です!

ここ興徳寺には戦国武将、蒲生氏郷のお墓があります。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-興徳寺
興徳寺入口

蒲生氏郷といえば、伊勢松阪からここ会津に移ってきて、
会津若松城の前進である「黒川城」を築いた武将。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-蒲生氏郷の墓
蒲生氏郷の墓

ちょうど天気が崩れてきて薄暗い感じになっていますが・・・
こちらが蒲生氏のお墓。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-蒲生氏郷の墓
五輪塔

お墓は五輪塔になっており、ここに蒲生氏郷の遺髪がおさめられています。
本当のお墓は京都にあるみたいです。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-蒲生氏郷の墓
五輪塔の説明

五輪塔には万物の構成要素である「空・風・火・水・地」の字が刻まれています。

お城部ログ ~日本のお城を攻めるお城部のブログ~-松平容保
松平容保歌碑

そしてお寺内には松平容保の歌碑もありました。
容保といえば後の新撰組である部隊を持っていた人ですが・・・

「百年(ももとせ)を三たびかさねし若松の さとはいくちよ栄え行らん」

という歌は明治24年6月に行われた「若松開市三百年祭」に寄せて詠まれた祝歌だそうです。

【観光情報】

名称:興徳寺
所在地:福島県会津若松市栄町2-12

【関連記事】

日本100名城 No.48 松阪城 – 2009.04.25登城

ペタしてね 人気ブログランキングへ ←よろしければクリックお願いします!


蒲生氏郷

蒲生氏郷Tシャツ

ガラスタンブラー会津塗



お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 観光スポット   パーマリンク

興徳寺 蒲生氏郷の墓 – 会津若松城周辺寄り道スポット への2件のコメント

  1. ひろゆき より:

    1 ■近世の
    五輪塔とはいえ、五輪を漢字で表わしているのは珍しいですね。
    普通は梵字を刻んだり、むしろ何も書かない場合が多いのですが。
    http://ameblo.jp/lm243831/

  2. お城部長 より:

    2 ■Re:近世の
    >ひろゆきさん
    そうなんですねー!
    こっちの知識には疎いので五輪塔というものはこういうものだと思いかけてました・・・。
    またひとつ勉強になりました。
    http://ameblo.jp/ojyobu/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">