日本100名城 No.36 丸岡城 – 2009.06.13登城

雨予報だった福井方面。
実際に着いてみれば快晴です。
うちの彼女さんの晴れ女っぷりはすごいですね・・・

そんなわけで名古屋から2時間半ほど車で飛ばして到着した丸岡城
駐車場は無料で、停めた目の前に「一筆啓上茶屋」がありました。

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城
一筆啓上茶屋

茶屋といいますが、いわゆる食事処&お土産売り場。
しかし、ここの中に日本100名城スタンプが設置されています。

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

日本100名城スタンプはシャチハタではなくゴム印のもの。

あまり状態が良くないという噂を聞いていたのですが・・・
結構綺麗に押せました。

さて、スタンプを押してから登城を開始。

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

昔はこのような縄張を誇っていたそうですが・・・
今現在は天守閣ぐらいしか遺構が無いのが残念。

丸岡城はその昔、霞ヶ城という名でした。
それなので今お城があるこの一帯は霞ヶ城公園となっています。

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

登城はここから。
左に見えるのは「丸岡町歴史民俗資料館」です。
この右側の階段を登っていきます。

階段沿いには皆様の一筆啓上の俳句?のようなものが飾られていました。

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

階段を登りきると、左手に見えるのが券売所。
右には「丸岡城八幡神社」があります。

入城には300円。
これは丸岡町歴史民俗資料館の入場料と共通だそうです。

そしてスロープを登っていくと見えてきたのが・・・

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

丸岡城天守閣です!

丸岡城(国指定重要文化財)は、桃山時代の1576年に柴田勝家の甥、勝豊によって築かれました。
2重3層の天守閣は、望楼式天守で、現存する天守閣としては日本最古のものです。

城内の説明書きはこちら・・・

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城
クリックで拡大します

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

さて、いよいよ天守閣へ攻め入ります。

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

もともとは木製の鯱だった丸岡城。
昭和15年の修理の際に、石製に改められたそうです。
しかし、昭和23年の震災で落ちてしまってからはここに飾られているとか。

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

天守閣へはこの階段を登っていきます。
階段が伸びている天守閣の1階は塗籠と下見板張となっています。

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

意外と急な感じもします(笑)

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

なかはさすがに現存天守。
靴も履き替えてスリッパ着用です(笑)

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

この丸岡城は震災で一度崩れています。
しかし、崩れた時に元の木材等を使って復元したので

現存天守だが復元天守

というお城となっています。

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城
天守閣一階

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城
石落

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城
狭間(さま)

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

一階はその他に各地のお城コーナーも。
お城の展示物の定番ですね!

そして2階へあがるのですが・・・
そこで見たのは・・・

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

ロープあるよ!!

まぁロープいるぐらいちょっと急勾配なのですが・・・
女性は絶対にスカートで来れません(笑)

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城
二階

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城
入母屋破風から

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

丸岡城の屋根瓦は、積雪に絶えるために石瓦となっています。
笏谷石(しゃくだにいし)という石が使われており、雨にぬれると緑色を帯びる石なんだそうです。

さて、そうこうしているとまた上への階段・・・。
またロープあります。

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城
三階への階段

むしろさっきより急勾配な気がします(笑)

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城三階

そしてようやく最上部である三階に着きました。
涼しいせいか、たくさんの人が涼んでいました。

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

外を見るとわかるのですが・・・
あまり高い建築物が無いせいか、遠くまで見通せます。

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城
高欄付きの廻縁

なお、3階部分には高欄が付いていますが・・・
外に出ることはできません。
出来たとしてもめっちゃ怖いと思う(笑)

破損が進行していたため、平成15年に解体修理されているそうです。

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

そして頂上を堪能したら降ります。
降りるときのほうが怖いかも。
お尻をぶつけてた人もおりました(笑)

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

そして外に出たら天守閣の周りを探索。
天守台は野面積で石が積まれています。

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城
天守閣を横から

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

天守台の中に和歌山城で見つけたような石も見つけました。
なにかの台座のような・・・。
やはり大きい石は貴重だったのでしょうかね?

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-丸岡城

そしてお城そばに立つ碑。
日本一短い手紙文として有名な

「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」

の碑です。
徳川家康の家臣本多作左衛門重次が陣中から妻に宛てて送った手紙として有名です。
「お仙」とは後の丸岡城主本多成重(幼名.仙千代)のことです。

やはり歴史のある天守閣は落ち着きます。
匂いとか・・・良いですね。

今回は行ってないですが、一部外堀の残ってる部分もあるそうです。
しかし、交通の便が微妙なところで・・・
バスで行くとはしごが難しいお城。
車で行けると


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 福井県のお城   パーマリンク

日本100名城 No.36 丸岡城 – 2009.06.13登城 への6件のコメント

  1. yohnen より:

    1 ■やはり現存天主閣いいですね
    丸岡城へはまだ行ったことがありません。
    急な階段は現存天主閣の定番ですが、ロープは珍しいですね!
    http://ameblo.jp/yohnen/

  2. しろぶ~ より:

    2 ■Re:やはり現存天主閣いいですね
    >yohnenさん
    ロープは上りは必要無いとは思いますが、下りは捕まったほうが懸命です(笑)
    丸岡城、遺構が天守閣ぐらいですが古さがなかなか良かったですよ!!
    http://ameblo.jp/ojyobu/

  3. 城師 天承庵影照 より:

    3 ■丸岡城の天守台^^
    初めて知りましたが、なんと転用石材がありましたか?!(何かの台座と表現されている)これは大発見です!丸岡城の天守は天正建造説と関ヶ原後建造説がありますが、転用石材があるとすると少なくても豊臣政権までには完成していたことは確実です。
    現存最古は犬山城天守か丸岡城天守かという論争も丸岡城天守に軍配が上がりそうですね^^。
    http://ameblo.jp/junichi54262001/

  4. お城部長 より:

    4 ■Re:丸岡城の天守台^^
    >城師 天承庵影照さん
    どうなんでしょうね?
    どこにもそんな説明なかったけど転用かなあ?

    とりあえず天守正面の左側の石垣です( ´ ▽ ` )
    http://ameblo.jp/ojyobu/

  5. 城師 天承庵影照 より:

    5 ■説明書き
    こんばんは。よく城郭の説明書きはうそも書かれていますし重要なことが書かれていないことも多々あります。
    あの石材は確実に転用石材です。
    石塔の基壇です。
    http://ameblo.jp/junichi54262001/

  6. お城部長 より:

    6 ■Re:説明書き
    >城師 天承庵影照さん
    ぜひ、ご確認に行ってみてください!!
    もっと他にもあるかもですね・・・
    http://ameblo.jp/ojyobu/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">