犬山城主・成瀬家伝承の2件 市文化財に指定

日本100名城であり、国宝四城でもある愛知県のお城、犬山城

この犬山城の城主であった成瀬家。
この成瀬家から伝承されたとされる

絵画工芸品

が犬山市の市文化財に指定されたとの事。

ひとつは屏風は、「長篠合戦図」「長久手合戦図」。
1801年に江戸城で11代将軍家斉が鑑賞したのだとか。

もうひとつは「菊桐紋蒔絵(きくきりもんまきえ)風呂道具」。
風呂桶(おけ)(高さ66センチ、口径74センチ)、盥(たらい)、手桶など9点。
1584年の小牧・長久手合戦で、豊臣秀吉が犬山城に入った際に使った風呂道具とのことで、
すべてに五七桐の紋が入っているそうです。

詳細は以下。

犬山城主・成瀬家伝承の2件 市文化財に指定

お城部ログ ~お城を攻めるお城部メンバーのブログ~-風呂桶 犬山市教育委員会は、犬山城主・成瀬家に伝えられてきた絵画1件(屏風(びょうぶ)2点)と工芸品1件(風呂道具一式9点)を、新たに市有形文化財に指定した。市指定文化財は計39件となった。

引用元:犬山城主・成瀬家伝承の2件 市文化財に指定(読売新聞)

ペタしてね


犬山城天守閣 金

木製建築模型【犬山城】



お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: お城ニュース   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">