日本100名城 No.43 犬山城 – 2008.11.22登城

11月になってはじめてのお城攻め。
お城部ではなく、彼女さんを伴ってのお城攻めは同じ愛知県の犬山城でした。

ご存知の通り、国宝四城のうちのひとつ。
日本最古の天守閣とも言われています。

犬山駅から歩いて天守を目指していると、遠くに見えてきました。

犬山城 遠景
犬山城 遠景

手前には神社があって、神社を通ると近道で行けるようですが・・・
ここは正式ルートに則る方向で行くことに。

犬山城 入場
犬山城 入口

紅葉シーズンの犬山城に登城開始です。
紅葉・・・シーズンかとも思いましたが、真っ赤ではなかった感じです。

犬山城 中御門
犬山城 中御門

入ってすぐ、朱塗りの橋をこえると「中御門」の跡がありました。
そしてそのまま道なりに進んでいきます。

犬山城 黒門跡
黒門跡

奥の石垣あたりが黒門跡になるそうです。
現在撮影している位置あたりが「松の丸門跡」のあたり。

犬山城 鉄門
鉄門

そして見えてきた立派な門が「鉄門」でした。
ここから入場なのですが、右手前の券売所で入場券を買ってから入ります。大人500円。
そして今撮影しているポイントあたりは岩坂門があったところのようです。

さて、入場すると現れました天守閣。

犬山城 天守閣
犬山城 天守閣

現存で日本最古・・・とは言われますが、実際に古いのは下の二層の御殿風建築なんだそうです。
のちに御殿の上に望楼のための建物が乗り、現在のようなお城の形となったそうです。

犬山城 天守閣望楼部分
天守閣望楼部分

望楼部分のすぐ下の3階には唐破風も見られます。
犬山城の別名は「白帝城」とも呼ばれています。
これは中国の詩人李白の詩からとって命名されたと伝えられているそうです。

犬山城 天守閣
天守閣

3重4階地下2階の構造からなっている犬山城。
天守台である石垣だけで5メートルもの高さがあるそうです。

犬山城 付櫓
付櫓

右側には付櫓。
下には石垣が続くのですが・・・
自然石をそのまま積み重ねた積み方は「野面積」と言われるそうです。

犬山城 天守台
天守台

この左側には天守への入場口がありました。
入口で靴を入れる袋をもらいます。

犬山城 天守閣入口
天守閣入口

すっかりお城好きに染めた私の彼女さん曰く

「靴を脱がないで入る天守は城じゃない!」

とまで言い切るので良かったです、さすが国宝(笑)

犬山城 穴倉
犬山城 地下1階

入ってすぐに目を惹くのが地下1階部分である穴倉の梁。
荒々しく削られたこの梁はとても印象的です。
なんかはしゃいでる人が映ってますが気にしないでください(笑)

犬山城 付櫓内部
付櫓内部

1階へあがるとすぐ右手にあるのが付櫓。
ここには登城の記帳ノートなどがあります。

石落の間
石落の間

1階をぐるっと回っていくと石落の間がありました。
石落としというと床部分が開いて落とすイメージですが・・・
ここでは窓から落としたんでしょうかね?床には何もなかったように思えます。

犬山城 石落の間から
石落の間から

石落の間から外を望む。

犬山城 上段の間
上段の間

同じく1階に存在する上段の間。
創建当時の城主の間でこの北側には城主の万が一を警備するための武者かくしの間となっています。

犬山城 2 階
2階 武具の間

2階はお城にはお馴染みの各地のお城写真コーナー。
数字がふってあるから日本100名城かな?と思いましたが違うようです。
天守のあるお城の写真?でしょうか?

犬山城 3階
3階 破風の間

外から見ると唐破風の存在した部分です。
とくに展示品はありませんでした。

犬山城 4階
4階 高欄の間

頂上である高欄の間には歴代城主の絵と写真が。
主につい最近まで城主であった成瀬氏のものでした。
ここ犬山城はつい最近まで個人所有のお城であったことでも有名です。

犬山城 高欄部分
犬山城 高欄部分

お城部が3月に行っているこの犬山城ですが・・・
高所恐怖所の人がダメって言われたのがわかりました。
狭いし、手すりが低いんですね・・・。
落ちそうです。そのせいか、常に警備の方が二人ほどおりました。

犬山城からの眺め
天守閣から階下を望む

左側には鉄門、その右には再建された櫓。

犬山城 天守閣から

天守から南を望むと小牧城が見えます。
さらにその向こうに見えるタワーは名古屋駅のツインタワー達。
こう見ると近いのかな?と思ってしまいます。

犬山城天守閣から

さらに北西を望むと、岐阜城までもが見えます。
結構細かく警備のおじちゃんが教えてくれました。
警備しつつの観光案内という感じでしょうか?

木曽川
木曽川

犬山城の背面である北側には木曽川が流れています。
背面を川にしたこの自然の守りは「後堅固」の構えと言われています。
遠くには御嶽山も見られます。

犬山城天守と紅葉
犬山城天守と紅葉

天守を降りてから紅葉を撮影。
元々は「秋の犬山祭の時に行こうか?」と言っていたのですが、
こうして紅葉の犬山城が見られて季節的に良かったのかもしれません。

犬山城 七曲門跡
七曲門跡

天守から北東にある七曲門跡。こちらからも木曽川の景色を見られます。

犬山城 スタンプ設置場所
スタンプ設置場所

日本100名城スタンプは天守閣になく、鉄門の上の事務所にありました。
現在、国宝四城でのスタンプラリーもあるらしく、その台紙も頂きました。

以上で登城は終えましたが・・・
犬山城といえばやはり川側からの景色も見たい!とばかりに外から。

犬山城 川側からの遠景
犬山城 川側からの遠景

ちょっと雲が出ていて逆光なのが残念ですが・・・
高さ88メートルもの丘陵上に立つ犬山城は壮大さを感じます。

そしてやはり夕景も見たいよね・・・と近くを観光してから戻っての犬山城。

犬山城 夕景
犬山城 夕景

少しライトアップされたりして綺麗でした。
夕焼けが山に隠れていなければさらに綺麗だったでしょう。

犬山城 夕景

木曽川に反射する夕焼けの色が幻想的です。
17時を過ぎるとお城自体もライトアップされ始めました。

犬山城 夕景

犬山城、国宝の名に恥じぬ素晴らしいお城でした。
その他に観光地としていろいろな努力が見られる場所で、楽しく過ごせます。

【お城情報】

入城料
大人 500円  小中学生 100円
開城時間
9:00~17:00 (入場は16:30まで)
休城日
12月29~31日
所在地
愛知県犬山市犬山字北古券65-2
電話番号
0568-61-1711
公式WEBサイト
財団法人 犬山城白帝文庫
大きな地図で見る

【日本100名城スタンプ】

犬山城 日本100名城スタンプ
設置場所:城郭内? → 鉄門上事務所

【入場券】

犬山城 入場券

【寄り道スポット】

桃太郎神社(神社)
寂光院(寺)
山田五平餅店(甘味)
珈琲ふう(カフェ)


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 愛知県のお城   パーマリンク

日本100名城 No.43 犬山城 – 2008.11.22登城 への2件のコメント

  1. nhrdsk より:

    1 ■すばらしい記事!
    初コメントです☆

    素晴らしい写真を織り交ぜ、とっても詳細な記事なので犬山城に行ったような気がしました。
    自分は犬山城に行ったことがないので、「近いうちに行くぞ~」って思いました。
    すごくいい記事だと思います。
    とっても参考になりました(‐^▽^‐)
    http://ameblo.jp/nhrdsk/

  2. しろぶ~ より:

    2 ■ありがとうございます!
    なるべく行ったことがない方でも「行きたいな!」と思えるように書けているか不安でしたが、nhrdskさんにそう言っていただけてとても嬉しいです(´∀`)
    ありがとうございます!
    http://ameblo.jp/ojyobu/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">