松本城 – 2008.05.24登城 -

お城部4回目の活動は国宝四城めぐりラストを飾る「松本城」となりました。
今回はお城部メンバー5人のうち、4人が参加。
さらにプラスして

3人の部員候補が参加です!

そんなわけで初の7人という大人数でのお城部。
人数的にも普通の車で行くことは無理だったので、

レンタカーでステップワゴンを借り7時という早い時間に名古屋を旅立つことになりました。

出発時はそうでもなかったのですが・・・
途中で怪しい空模様になっていきます。
しかしながら現地の松本へ着くころにはなんとか持ちこたえていました。

現地到着は10時過ぎ。名古屋から3時間弱で着くものなんですね。

さて、無料駐車場があるということで「あがたの森」に停めて松本城まで歩きました。
途中そば屋さんに寄ったりして寄り道しましたが、ストレートでいけば30分もかからなかった気がします。

松本城 入口

松本城は別名「烏城」とも呼ばれ、

黒いお城として有名なのですが・・・松本には何回も来ていますがお城攻めは初です

 

しばらく進むと天守閣が見えてきます。

テンションの上がるお城部メンバー。変な撮影会が催されてました。

 

松本城

松本城 遠景

天守閣を横目に観つつ歩いていくと、「黒門」が見えてきます。
黒門は本丸に入るための正門で櫓門と枡形からなっています。

松本城 黒門

黒門(一の門)

手前の門が一の門(櫓門)で、抜けると左側に券売所があります。
大人は600円でした。

券売所を通り、黒門を抜けると本丸御殿跡である広場に出ます。
ここでやっと松本城の全景を確認することが出来ました。

松本城 天守閣

天守閣

左から「月見櫓」「辰巳附櫓」「天守」「渡櫓」「乾小天守」となっており、渡櫓の下から入ります。
月見櫓と辰巳附櫓は太平の世になってから増築されたようです。
娯楽用だったのでしょうかね?
天守には千鳥破風や唐破風などの装飾も見られます。

松本城 花頭窓

花頭窓

 

松本城 月見櫓を望む

月見櫓を望む

 

竪格子窓(武者窓)

竪格子窓(武者窓)

天守の二階は窓が多く、明るいです。
このような竪格子の窓が三方にあり、武者溜だったことから武者窓とも言うそうです。

松本城 乾小天守

乾小天守を下から

 

松本城 天守閣から埋の橋

天守閣から埋の橋

 

松本城からの眺め

松本城からの眺め

遠くには旧開智学校も見えます。
遠くというよりか意外と近いかもです。

松本城 大天守から

乾小天守を上から

天守から隣の乾小天守が望めます。
まずは乾小天守に上ってから、天守(頂上は6階)に登るんですが・・・
結構体力的にハードです(笑)
女性はスカートで行ってはいけません(笑)

松本城 月見櫓より

月見櫓より

月見櫓からは内堀を望めます。
反対側に回れば本丸御殿跡を望むことも可能です。

松本城 天守閣

天守閣

天守閣を登り終えたあとは入ってきた黒門側ではなく、埋の橋のある方から出ました。
埋の橋を出る手前にも券売所があったのでこちらからでも入場できる様子。

松本城と埋の橋

松本城と埋の橋

埋の橋と松本城を望めるこのスポットには記念撮影セットもありました。
朱塗りの橋がとても映えますね。

【お城情報】

入城料

大人 600円  小中学生 300円

開城時間

8:30~17:00(入城は16:30まで) 夏季延長あり

定休日

12月29日~1月3日

所在地

長野県松本市丸の内4-1

電話番号

0263-32-2902 松本城管理事務所

公式ホームページ

なし

その他

ウィキペディアで松本城を調べる

【入城券】

松本城 入場券

【寄り道スポット】

ナワテ通り
弁天本店(そば)
旧開智学校
竹風堂(甘味処)
重要文化財馬場家住宅
東麺房 (ラーメン)


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 長野県のお城   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">