小谷城 – 2008.10.25登城 -

ゆるキャラまつりin彦根に参加した午前。

あまりの人の多さから彦根を脱出しようと試み・・・目指したのが・・・

小谷城でした!

彦根から電車で400円・30分ほどの旅。

小谷城のある河毛駅に到着します。

河毛駅

河毛駅

河毛駅は無人駅でした。

彦根から来ると反対側のホームに出るので、電車が行くのを待ってから反対側ホームへ。
駅ではなく、コミュニティセンター?のような建物がありました。

浅井長政・お市

浅井長政・お市

前には浅井長政とお市の銅像が。

戦国BASARAとはまったく違う顔です(当たり前です)。

デマンドバス

デマンドバス内

駅前でぬぼ~ってしていると「どこへ行くの?」と聞かれ、「小谷城です」と答えたら

「デマンドバス予約するといいよ~」とアドバイスされる。

1人しか居なかったが、予約すれば200円で小谷城方面に行ってくれるらしい。

なので予約するとすぐに電話してくれて運転手さんが来てくれました。

バスと言っても普通にちょっと大きい車程度でした。

他に乗客は居ません。

乗り込んでいると、運転手さんが話しかけてくれまして。

「スタンプでしょ?」

一発でバレました。まぁここに来る人はほとんどスタンプ目当てらしい。

大概の人は小谷城に登らずに麓の「小谷城戦国歴史資料館」でスタンプだけ押して帰るらしく・・・

「僕は登ります!」

と言ったので運転手さんがノリノリで登山口まで連れてってくれました。

小谷城 登山口看板

登山口看板

着いてから少し後悔しました・・・。

備中松山城の悪夢を思い出すぐらいの登山の予感・・・。

小谷城 登山口

登山口

道はそんなに整備もされてない感じ・・・。

そしてやや地面も濡れてすべりそうです・・・。

小谷城 出丸

出丸

5分ほどいきなり草を掻き分けるような道を進むと到着した「出丸」です。

小谷城のまず最初の砦となるところのようです。

小谷城 大手道

大手道

すぐ横には「大手道」。

舗装された道も車用?に走っているのですが、おそらくこちらからの方が近道です。

小谷城 大手道看板

え?熊?

「え?熊出没御注意とな?」

松茸が採れるスポットでそっちの注意書きよりも熊が気になる・・・

なんか音が出るものを装備してくれとか書かれています。

小谷城 山道

山道

小谷城 峠

間柄峠

このあたりでまだ頂上まで2.2Kmとか書いてあったのを見たときはやめようかと思いました。

どんだけ距離あんねんとおもいつつ・・・
しばらくするとまた舗装された道が見えてきて、眺めの良い峠にたどり着きます。

小谷城 峠

望笙峠

ベンチがあったので一瞬座りつつ・・・写真撮影。

しかし休憩もほどほどにまた山道へと・・・

小谷城 金吾丸

金吾丸

金吾丸を過ぎるとまた舗装された道が見えてきました。

ここまでで40分ぐらい?
意外とハードですが・・・

小谷城 入口

入口

着いたかな?と思ってそばにあった看板を見てみると・・・

小谷城 入口看板

入口看板

現在地・・・

まだ入口じゃないですか・・・

ここからが正式な城跡の模様です・・・。

本丸跡を目指してまた山道へ行くのですが・・・

小谷城 入口

またもやクマ出没注意でた!

というかここまで登ってきて誰にも遭遇してませんからね・・・

クマね・・・

あると思います・・・

小谷城 馬洗池

馬洗池

番所跡をすぎるとまずは「馬洗池」が現れます。
ただの水溜りにも見えますが・・・。

そして首据石。

戦で敵将の首を取ったりしたらここに置いたそうです・・・

なんかホラースポットやないですか・・・。

小谷城 首据石

首据石

そして次は浅井長政が自決したという「赤尾屋敷」です。
なんだかホラースポットが続きます。

小谷城 赤尾屋敷

赤尾屋敷

ちなみに時間の関係上、奥までは行ってません(笑)

目指すところが違ったんです。

小谷城 黒金御門跡

黒金御門跡

門があったであろう場所を過ぎると・・・「桜馬場」へ。
ここに馬がつながれていたのでしょうか?広いです。

小谷城 桜馬場

桜馬場

浅井家のお墓もありました。
あとここで戦死したであろう人たちの碑などもありました。

小谷城 浅井家墓

浅井家墓

ここを進むと「大広間」に出ます。
これで本丸まであと少しとなりました。

小谷城 大広間

大広間

そして本丸の石垣。
なんだか崩れかかっています。

説明文の木もなんだか壊れ気味です。

手入れされてない分?昔の縄張りそのまま感があるのはいいことかもしれません。

小谷城 天守跡

天守跡

そんなわけで天守跡に登頂!

なんだかんだで1時間はかかった気がします。
そう考えると備中松山よりもハード?夏じゃなくて良かったです。

小谷城 大堀切

大堀切

本丸跡の後ろは大堀切。

ここでまた谷があって、さらにこの後にもっと高い山王丸へと続きます。

その向こうにはさらに京極丸という高いポイントも・・・

さすがにスタンプ押す時間がなくなると洒落にならないのでここで引き返しました。

帰りの望笙峠からの景色が綺麗でした。

琵琶湖

琵琶湖

下りはやはり杖が重宝されます。

おかげで下りは20分ぐらいで降りられました。麓に下りたのは16時ぐらい。
ここから「小谷城戦国歴史資料館」にスタンプを押しに向かいます。

また歩きですが・・・。

小谷城戦国歴史資料館

小谷城戦国歴史資料館

15分ぐらい歩いたでしょうか?資料館にたどり着けました。
浅井長政は女性に人気あるのかな?なんだか女性のグループが出てくるところにすれ違いました。

ここでスタンプをゲット。

今更小谷城の地図をもらいましたが・・・

「登ってきたばかりです」

とついついツッコミしてしまいました。

資料館は10分で見られるレベルでしたが・・・長政グッズとかも売られていましたよ。

なお、帰りのバスの時間は過ぎていたため・・・

資料館から河毛駅まで3キロあるらしいですが、歩きました。

うん、小谷城は体力に不安があったら資料館だけがベストですね(笑)

【お城情報】

入場料
 山は無料、小谷城戦国歴史資料館は200円
開場時間
 ? 、小谷城戦国歴史資料館は9:30~17:00

【日本100名城スタンプ】

小谷城 日本100名城スタンプ

設置場所:小谷城戦国歴史資料館

【入場券】

小谷城 入場券



【アルバム】

小谷城

>>スライドショーで見る


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 滋賀県のお城   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">