【登城記】小牧城 – 其ノ弐

さて、「【登城記】小牧城 – 其ノ壱」からの続きで、
いよいよ小牧城の天守閣へと進んでいきます。

小牧城

天守閣への石段

坂道から、天守閣へは石段が続きます。
そして石段を少し登り始めると・・・

小牧城主郭跡

主郭跡

主郭跡の表示が。
いわゆる本丸部分に当たるのでしょうか。

天守閣と像

天守閣と像

そして天守に行く途中に、なにやら銅像が・・・
誰の銅像?と見てみると、

徳川義親像

徳川義親像

その銅像は、尾張徳川家十九代の徳川義親氏の像でした。
小牧山はこの徳川氏より昭和5年、小牧市に贈られて自然公園となったそうです。

徳川義親像

なかなか立派な徳川義親像

ちなみに尾張徳川家は徳川家康の九男である、徳川義直から始まるそうです。
徳川御三家のひとつである尾張徳川家からは将軍は出なかったそうです。

小牧城天守閣

小牧城天守閣

さて、ようやく天守閣です。
現在の小牧城は、1967年に名古屋市に住んでいた実業家、
故平松茂さんが私財を投じて建設して、小牧市に寄贈したものなんだそうです。

小牧城天守閣

小牧城天守閣

安土桃山時代(16世紀後半)に建てられた京都市の国宝「飛雲閣」をモデルに設計してあるそうです。
それなので、実際の小牧城に忠実に建てられたものではなさそうです。

小牧山と歴史館のご案内

小牧山と歴史館のご案内看板

主郭の天守閣下にあった看板です。
現在のものは鉄筋コンクリート三層四階建ての天守閣なんだそうです。

歴史館入口

歴史館入口

さて、登るぞ!と意気込んだのですが・・・なにか変です。
そうなんです、入口が入れません。

歴史館入口

入れろ~!と言っている(かもしれない)

そうなんです、なんと小牧城は16時半で終了。
入館は16時15分まででした。

なんと到着したのは16時17分(笑)
2分の差で入ることが出来ませんでした・・・残念。

中学生以下無料

中学生以下無料

そしてどうやら本日は「中学生以下入場無料」の日だったようです。
中にプラネタリウムもあるんですね?初耳でした。

天守閣北側

天守閣北側

入れないので、天守閣周りをうろうろ。
北側から見た天守閣です。

天守

天守

やはり徳川系のお城なのか、屋根は緑色に彩色。

標高85.9メートル

標高85.9メートル

近くにあった木には、標高85.9メートルの札が。
手描き感が面白いですね。

北側を望む

北側を望む

天守閣の展望台からなら犬山城も見えたりしそうですが・・・
こちらからでは無理でした。

看板

看板

主郭から降りつつ、歩いているとなにやら看板が。

山の岩盤に築いた石垣

山の岩盤に築いた石垣説明

小牧山城では山の岩盤に石垣が組まれていたらしく、
それの説明が書かれていました。

帰り道

帰り道

帰り道は行きと違う道で下山。

天守閣に入れなかったのは残念ですが、
森林浴と熊本城に向けた良いウォーミングアップができたと思いました。

【小牧城について】
入場料: 大人100円、小人(小学生・中学生)30円 ※土・日・祝日は小人の入館無料
開館時間: 午前9時~午後4時30分(入館は午後4時15分まで)
休館日: 毎週木曜日・年末年始(但し、祭日の場合は翌日)
電話・FAX: 0568-72-0712


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 愛知県のお城   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">