【観光スポット】江戸城下町の館 勝川家 – 岩村城周辺寄り道スポット

岩村城の登城を終え、「蕎麦屋ゆい」でお腹を満たした後は城下町の散策に出かけました。
岩村は岩村駅から岩村城へ向かう途中が城下町の風情を残しており、趣があります。

その中で、先程の蕎麦屋ゆいとも接続している文化財、

勝川家

勝川家

勝川家(かつかわけ)を訪れてみた。
岩村城下町には当時の雰囲気を残している家がありますが、こちらはそのうちのひとつ。

勝川家の説明

勝川家の説明

勝川家は江戸時代に台頭してきた商家で、屋号を「松屋」と言ったそうです。

勝川家の入口

勝川家の入口

入口はこちら。
恵那市指定文化財に選ばれています。
ちなみに入館は無料。こちら側からも蕎麦屋ゆいには入れるみたいです。

勝川家の中

勝川家の中

中は木造二階建ての建物。
どうやら、いろいろ隠し階段?があるらしく、「登ってみてください」って言われました。

階段

階段

隠し・・・という程ではないですが、階段を見つけたので登ってみることに。

使用人部屋

使用人部屋

登ってみるとそこは使用人さんの部屋でした。
ここに何名ぐらいが居たのか不明ですが・・・狭いです。

向こうに写っていますお城部員さんは150センチあたりなので・・・
まぁ昔の人は背が低かったって言いますし、そうでもないのかなあ?

使用人部屋から

使用人部屋から

しかし、昔の家というのはなんだかかくれんぼとかしやすくていいですよね(笑)

使用人部屋の隣の部屋

使用人部屋の隣の部屋

こちらは先程の使用人部屋のとなりの部屋。
別の階段から登っていくのですが、こちらの方は広かった。

和室

和室

さて、奥に進んでいくと書院やら茶室やらがあります。
お金持ちだったんだな~というのがわかるぐらい広い。

庭には水琴窟

庭には水琴窟

庭園もあり、水琴窟も。

土蔵

土蔵

そして岩村城からの払い下げ?らしい蔵もあります。
この蔵がとにかく立派。

二階

二階

さて、二階に上がってみました。
ここはとくに心地良い場所でしたね~。
やはり和は落ち着きますね。

土蔵もすぐそばに

土蔵もすぐそばに

上からの土蔵。
ちなみに屋根伝いに行った左となりの建物は蕎麦屋ゆいです。

蕎麦屋ゆいの建物

蕎麦屋ゆいの建物

蕎麦屋ゆいと勝川家の関係はあるんでしょうかね?

ギャラリー併設

ギャラリー併設

ちなみに勝川家の横にはギャラリー併設。
小物なんかを売っていたりしてました。

江戸城下町の館 勝川家

江戸城下町の館 勝川家

以上、勝川家でした。
なかなか面白かったです。

【勝川家について】
入館料: 無料
定休日: 火曜日、年末年始(展示物の交換のため、臨時休業することがあります)
開館時間: 9時30分から16時30分 (12月から2月は、10時~16時)
場所: 岩村町本町

【岩村城登城記】

  1. 【登城記】岩村城(日本100名城 No.38) – 其ノ壱
  2. 【登城記】岩村城(日本100名城 No.38) – 其ノ弐
  3. 【登城記】岩村城(日本100名城 No.38) – 其ノ参
  4. 【登城記】岩村城(日本100名城 No.38) – 其ノ四
  5. 【登城記】岩村城(日本100名城 No.38) – 其ノ五
  6. 【登城記】岩村城(日本100名城 No.38) – 其ノ六
  7. 【登城記】岩村城(日本100名城 No.38) – 其ノ七

【岩村城周辺寄り道スポット】

【岩村城についてはこちら】
日本100名城 No.38 【岐阜県恵那市】岩村城


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 観光スポット   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">