【登城記】清洲城 – 其ノ弐

さて、2010年清洲城の登城記も2回目。
いよいよ天守閣内へ進みます。

天守閣

天守閣

天守閣の入口は石垣に挟まれた入口。

入場は大人で300円です。
ちなみに、前回来た時とは違いまして、内部の展示物が2010年3月20日に一新されたとか。
それなので新たな気持で入場。

清洲城入口

清洲城入口

しかし、館内は撮影禁止とのことで・・・
以後、文章にて簡単に。

館内展示は主に「清須越」をテーマに作られていました。
映像物が多く、NHKの松平アナがナレーションしてて「その時、歴史が動いた」みたいな作りに(笑)

他にも当時にスポーツ新聞があったら!みたいな企画も面白いです(笑)
もうすでに清洲城に行ったことある方でも、この一新された内容はかなり楽しめますよ!

天守最上階から

天守最上階から

そんなこんなで最上階へ。

天守西側

天守西側

天守西側の説明。
え?大垣城見えるの?

大垣城方面

大垣城方面

うーむ、私には大垣城は見えません(笑)

天守北側

天守北側

そしてこちらは天守北側。
小牧城岐阜城が書かれていますが・・・こちらも目視では無理でした。

天守東側

天守東側

そして天守東側。
こちらには名古屋城が見えるらしく・・・

名古屋城が見えます

名古屋城が見えます

見えました!名古屋城
真ん中の緑瓦。

名古屋駅側

名古屋駅側

天守南側からは名古屋駅のタワーズも見られます。

謎の望遠鏡

謎の望遠鏡

さて、天守の高欄部分にはなにやら怪しい望遠鏡が。
これは何かと・・・

清洲城からくり望遠鏡

清洲城からくり望遠鏡

清洲城からくり望遠鏡とな?
なんと、除くと当時の清洲城があった場所に、清洲城が現れるとか・・・
うん、実際に試してみてくださいね(笑)

芸能文化館

芸能文化館

さて、天守閣を堪能したらそのまま横に繋がっている「芸能文化館」へと。

三英傑

三英傑

こちらにはなにやらユルい三英傑が(笑)
芸能文化館ではホールを貸したりしているらしいですが、
他に甲冑に着替えるサービスだったり、あとはなぜか「忍たま」が流れています。
やはりあの清須のキャラは忍たまだったんですね。

庭園

庭園

芸能文化館の横には枯山水の庭園。

水琴窟入口

水琴窟入口

そしてさらには水琴窟がありました。

水琴窟

水琴窟

前回来たときは天守閣の入口から出たので・・・
芸能文化館やこちらの水琴窟は初めてでした。

天守閣

天守閣

以上、清洲城天守閣でした。
ついでに、近場の清洲公園へと足を運んでみます。

清洲公園へ

清洲公園へ

清洲公園には信長公の像があるみたいです。
大手橋を渡り、対岸からさらに線路の下を抜けて公園へ。

清洲公園

清洲公園

清洲公園は静かな公園でした。
そして奥に見えるは・・・

織田信長像

織田信長像

織田信長像!

最近は岐阜城、岐阜駅前や桶狭間などにも織田信長の像はあるみたいですが・・・
こちらが比較的元祖ですかね?

織田信長像

織田信長像

結構若い頃の信長公ではないでしょうか?

休憩所

休憩所

以上、信長像を堪能した後は再び清洲城前へ戻りました。
清洲城の対岸には休憩所があります。
お土産なんかも買えたりしますよ!

付近の散策路

付近の散策路

付近の散策路などもありました。
お時間のある方は一緒に散策してみてはいかがでしょうか?

以上、清洲城登城記でした。

【清洲城登城記】

  1. 【登城記】清洲城 – 其ノ壱
  2. 【登城記】清洲城 – 其ノ弐

【清洲城について】
場所: 清須市朝日城屋敷1番地1
問い合わせ: 清洲城管理事務所 電話052-409-7330
開館時間: 午前9時から午後4時30分(入館は午後4時15分までに)
休館日: 月曜日〈休日の場合は直後の平日〉、12月29日から31日
ただし、桜の花見期間・清洲城ふるさとまつり期間は開館


お城部長 の紹介

お城部.com管理人のお城部長です。 ブログの執筆をしつつ、週末は名古屋から日本100名城を中心としたお城旅に出たりしています。 旅行好きな広告業勤務の30代。
カテゴリー: 愛知県のお城   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">